« 月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2009年5月4日(月)25:00-27:00) | トップページ | 小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2009年5月6日(水)13:00-15:30) »

BATTLE TALK RADIO アクセス(TBSラジオ、2009年5月4日(月)22:00-24:00)

○「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ、2009年5月4日(月)22:00-24:00)

この日の「アクセス」は、いつものフォーマットと異なり、「忌野清志郎さん58歳で亡くなる。あなたは何を思いましたか?」というテーマで忌野清志郎の追悼番組となった。

トーク・パーソナリティーのえのきどいちろうも訃報にふれて落ち込んだそうで、「これは、喰らったねぇ〜。もう、ちょっとヘコみました、僕は」「ほとんど世界に絶望したぐらいな感じですよ、僕」「清志郎さんなしで、もう、この先やっていくのか〜っていう、どうすんだよ〜っていう感じですよ」と発言していた。

それと同時に、えのきどは、清志郎の死を報じる記事の筆致について、「紋切りにして、なんかその、画鋲で止めるようなことをするよ、ホントに!」と、清志郎像の一面化への違和感も口にしていた。のちにライムスター宇多丸も「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2009年5月6日(水)13:00-15:30)で似たことを言っていた:

TBS RADIO 2009年5月6日(水) ライムスター 宇多丸 「ペラ☆ペラ」 - 小島慶子 キラ☆キラ

角田光代、泉谷しげるの追悼文も紹介された。

mixiから亡命しました  忌野清志郎がいない  角田 光代
※読売新聞 2009年5月4日の記事をブロガーが転載したもの。

泉谷しげるのコラコラ放送局BLOG - 泉谷しげるからの緊急メッセージ

この日は、えのきどと近い年代のリスナーからの電話が多く、それぞれがえのきどと、清志郎への熱い思いを語り合っていた。私は世代的にもそこまでの強く深い思い入れがあるとはいえないが、えのきどやリスナーの話を聞きつつ、ちょっとジ〜ンときてしまった。

他方、就職活動中の22歳の大学生は、BANK BAND がカヴァーした「スロー・バラード」の作者、自分が好きなミュージシャンがリスペクトしているとして清志郎を認識しているという程度で、RCサクセションのオリジナルの「スロー・バラード」(1976年)がかかったあとも、わりと落ち着いて「けっこういいですね」とは言っていたが、「すげ〜」という感じにはならず、感覚にこれといった変化はなさそうだった。似た感覚の人も少なくないはず。こういう反応もあって良いと思った。

『放送禁止歌』(解放出版社、2000年)で清志郎の「君が代」を取り上げた森達也は、

ロックってのは、要するに、人と違うことをするって部分が絶対ありますからね。そういう意味ではもう、彼はもう、実はとてもオーソドックスなね、あのぅ、真っ当なロックンローラーとしての生涯だったなっていう気がしますけど。

と語り、「自分を踏襲したくない気概」をもったロッカーと評した。これが一番しっくりきた。

リスナーから寄せられたメールかFAXで、清志郎が爆笑問題太田光に「政治的発言が中途半端」と噛み付いたという話も紹介された。おそらく、爆笑問題『爆笑問題集』(東京ニュース通信社、2008年)に載っている対談のことだと思う。


「忌野清志郎という生き方」を制作し、現在TBSアメリカ総局長の金平茂紀も出演予定だったが、本放送には間に合わず、番組のポッドキャストに出演。彼の出演時に・「サマータイム・ブルース」(『COVERS』1988年)がかかる予定だったらしい。「♪原子力発電所が建っていた〜」ってヤツですね。いみじくも、新潟県中越沖地震を期に操業停止していた柏崎刈羽原子力発電所7号機が9日にも運転再開するとか。地震で停止した原発が操業再開するのは「世界初の事例」だってサ。

アクセス特集・えのきどいちろう+金平茂紀・5月4日(月) - アクセス

速報:忌野清志郎さん、ありがとう (金平茂紀の『NY発・チェンジング・アメリカ』)

この日かかった曲のリスト:

「雨上がりの夜空に」(1980年、『EPLP』1981年)


・RCサクセション「雨上がりの夜空に」(1980年)RCサクセション - ティアーズ オブ クラウン - 雨上がりの夜空に


「トランジスタ・ラジオ」(『PLEASE』1980年)


・RCサクセション「トランジスタ・ラジオ」(1980年)RCサクセション - Please - トランジスタ・ラジオ


「い・け・な・い ルージュマジック」(忌野清志郎/坂本龍一、1982年)


「ぼくの好きな先生」(『初期のRCサクセション』1972年)


・RCサクセション「ぼくの好きな先生」(1972年)RCサクセション - 初期のRCサクセション - ぼくの好きな先生


「スローバラード」(『シングル・マン』1976年)


・RCサクセション「スローバラード」(1976年)RCサクセション - シングルマン - スローバラード


「ドカドカうるさいR&Rバンド」(『OK』1983年)


・RCサクセション「ドカドカうるさいR&Rバンド」(1983年)RCサクセション - OK - ドカドカうるさいR&Rバンド


「君が代」(忌野清志郎 Little Screaming Revue『冬の十字架』1999年)


・忌野清志郎 Little Screaming Revue「君が代」(1999年)


「ヒッピーに捧ぐ」(『シングル・マン』1976年)


・RCサクセション「ヒッピーに捧ぐ」(1976年)RCサクセション - シングルマン - ヒッピーに捧ぐ


「君が僕を知ってる」(1980年、『EPLP』1981年)


・RCサクセション「君が僕を知ってる」(1980年)RCサクセション - EPLP - 君が僕を知ってる


この日かかる予定だった曲:

・「サマータイム・ブルース」(『COVERS』1988年)


ちなみに、私が初めて聴いたRCサクセションの曲は「キモちE」(1980年)

小学生のとき、友達の家にあったテープに入っていたのをたまたま聴いた。他には、コンセントピックス「顔」(1984年)など、コミカルな歌詞の曲が何曲か入っていた。友達の親がつくったテープなのか、市場に出ているコンピレイションものだったか、後者だったような気もするが不明。

子供はバカなので、歌詞に大よろこびし、みんなで「E、E、E、きもちE〜」と連呼した。予防接種のときに「痛かった?」と聞かれて、「E、E、E、きもちE〜」と答えるお約束に発展し、しばらく仲間内で流行った。


・RCサクセション「キモちE」(1980年)RCサクセション - EPLP - キモちE


Google

|

« 月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2009年5月4日(月)25:00-27:00) | トップページ | 小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2009年5月6日(水)13:00-15:30) »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BATTLE TALK RADIO アクセス(TBSラジオ、2009年5月4日(月)22:00-24:00):

« 月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2009年5月4日(月)25:00-27:00) | トップページ | 小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2009年5月6日(水)13:00-15:30) »