« 週刊タケダ記者(仮)vol.30(2008年12月14日(日)-2009年1月3日(土)分) | トップページ | ラジオのミニコミ紙を発行しております(15):神戸のみなさん、「ちんき堂」で『ラジオ中毒』を買おう! »

「ラジオの時代」 第2部 あのとき あの場で、『朝日新聞』夕刊(2008年12月1日(月)〜12月26日(金))総目次

○「ラジオの時代」 第2部 あのとき あの場で、『朝日新聞』夕刊(2008年12月1日(月)〜12月26日(金))総目次

『朝日新聞』夕刊で2008年12月1日(月)から始まった、編集委員・隈元信一による連載「ラジオの時代」の第2部が終了。

以前に第1部の総目次をつくった。

「ラジオの時代」 第1部 いまどこかで何かが、『朝日新聞』夕刊(2008年6月30日(月)〜8月1日(金))総目次

同様、第2部の総目次もつくってみたので、週末の時間のある時などに、図書館などで『朝日新聞』夕刊のバックナンバーを繰る際にお役立て下さい。

第2部を読んだ感想としては、日本の戦中・戦後とラジオ、植民地主義とラジオ、といった感じの切り口が私ごのみでなかなか面白かった。

コール・サインJOAKはNHK東京放送局、BKは大阪、CKは名古屋、ではDKは? という問の答が、福岡でも札幌でもなく、京城放送局だとは寡聞にして知らなかった。東京放送局開局からわずか2年にも満たない1927年2月16日の放送開始だったそうだ。

植民地近代性に関わる話で面白い。

2009年3月からはの第3部では、民間放送以降に話が進むのだとか。これも愉しみ。

「ラジオの時代」第1部総目次(2008年12月1日(月)〜12月26日(金))

凡例:

日付
サブタイトル
言及された番組・放送局など
言及されたパーソナリティーなど

第1部 あのとき あの場で

2008年12月1日(月)
1 それはヤマから始まった
NHK愛宕山送信所、放送博物館、「ラジオ体操」
青山敏彦(元ラジオ体操指導者)、黒田勇(関西大学教授『ラジオ体操の誕生』(青弓社)


2008年12月2日(火)
2 綱渡りだった玉音放送
玉音放送
礒崎咲美(放送博物館学芸員)、半藤一利


2008年12月3日(水)
3 いま語る「玉音放送の真実」
玉音放送
天皇裕仁、玉虫一雄・春名静人(元NHK技術職員)

2008年12月4日(木)
4 戦地に流れてきた先輩の声
玉音放送
河原武雄・和田信賢(元NHKアナウンサー)、中道風迅洞(詩人)、西沢実(放送作家)

2008年12月5日(金)
5 「玉音」に背中押されて研究へ
玉音放送
竹山昭子(元昭和女子大学教授、『玉音放送』(晩聲社)『戦争と放送』(社会思想社)

2008年12月8日(月)
6 「遺された声」を求めて
新京放送局(満州国)、「遺された声」(NHKハイビジョン放送、NHK総合テレビ)
野村優夫(NHKアナウンサー)、辻田文雄(軍事評論家・軍事考古学者)

2008年12月9日(火)
7 消えたコールサインはいま
京城放送局(JODK)
鄭恒坵・張道亨(韓国放送人同友会理事)、津川泉(放送作家、『消えたコールサイン』白水社


2008年12月10日(水)
8 浸透した大衆文化
京城放送局(JODK)
金栄熙(ソウル大学言語情報研究所教授)、張道亨(韓国放送人同友会理事)

2008年12月11日(木)
9 激動の歴史伝える元放送局
玉音放送、台北228記念館、台北放送局(→台湾ラジオ局) 、「台湾便り」(台北放送局)
曽仁志(元台北放送局局員)、陳清河(政治大学教授)

2008年12月12日(金)
10 耳に残る日本の歌
台中放送局 「さくら倶楽部」「台湾版紅白歌合戦」(毎日放送:台中のFM局)
頼静嫻(大千ラジオ社長) 張林禎慧(元台中放送局) 周進升(毎日放送DJ)

2008年12月15日(月)
11 戦時を生きた女性アナウンサー
京城放送局(JODK)
古賀登恵(元京城放送局アナウンサー「JODKの花」)

2008年12月16日(火)
12 音の文化をつなぐ一族
琉球の声
川平朝清(元・琉球の声、琉球放送アナウンサー、ジョン・カビラ、川平慈英の父) 川平朝申(元沖縄民政府芸術課長、琉球の声創設者)

2008年12月17日(水)
13 スポーツ実況 受け継ぐバトン
NHK
河原武雄・和田信賢・志村正順(元NHKアナウンサー) 深水道敬(元NHKプロデューサー)

2008年12月18日(木)
14 語りのドラマにかけた心意気
「ボブと口笛」「マイクの旅」「三太物語」「架空実況放送」(NHK)
西沢実(放送作家) ボブ・イーガン(米軍伍長 ) 中川忠彦(元NHKプロデューサー) 北出清五郎・福島幸雄(元NHKアナウンサー)

2008年12月19日(金)
15 言葉を食べる人間として
「文芸選評 おりこみどどいつ」「街頭録音」「二十の扉」(NHK)
中島風迅洞(詩人・「文芸選評 おりこみどどいつ」選者) 藤倉修一(元NHKアナウンサー)

2008年12月22日(月)
16 女性の台頭は戦中から
「婦人の時間」(NHK)
竹井照子・三沢はま・仁平武雄・赤沼つや・浅沼博(元NHKアナウンサー)

2008年12月24日(水)
17 戦前も戦後も検閲のもとで
「婦人の時間」(NHK)
竹井照子(元NHKアナウンサー) フランク馬場(GHQ) オルソン軍曹(GHQ) 江上フジ(元NHKディレクター) 中島風迅洞 柳沢恭雄(『検閲放送』けやき出版


2008年12月25日(木)
18 自主規制と新聞の影
玉音放送
竹山昭子(元昭和女子大学教授) 島村宏(海南)『終戦秘史』講談社


2008年7月26日(金)
19 音悪くても聴いていた
NHK
玉虫一雄(元NHK技術職員)

Google

|

« 週刊タケダ記者(仮)vol.30(2008年12月14日(日)-2009年1月3日(土)分) | トップページ | ラジオのミニコミ紙を発行しております(15):神戸のみなさん、「ちんき堂」で『ラジオ中毒』を買おう! »

AM」カテゴリの記事

FM」カテゴリの記事

メディアに取り上げられたラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

短波放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/26453737

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラジオの時代」 第2部 あのとき あの場で、『朝日新聞』夕刊(2008年12月1日(月)〜12月26日(金))総目次:

» 学芸員 [資格の達人 仕事の達人]
美術館や博物館で専門的職員として勤務する為の資格。採用は博物館などで行う試験を受ける。この職についた場合、資料の収集,保管展示、調査研究のほか、それらに関連する専門的な業務を担当する。資格の取得は、大学で博物館法に定める単位を全て修得する。試験による認定。無試験による認定の3つがある。資格の概要「学芸員となる資格」(博物館法第5条)は、文部科学省が所管する国家資格でもある。資格習得にあたっては、博物館法が...... [続きを読む]

受信: 2009年1月12日 (月) 18時37分

« 週刊タケダ記者(仮)vol.30(2008年12月14日(日)-2009年1月3日(土)分) | トップページ | ラジオのミニコミ紙を発行しております(15):神戸のみなさん、「ちんき堂」で『ラジオ中毒』を買おう! »