« ラジオのミニコミ紙(12):タコシェさんに追加納品してきました。 | トップページ | JUNK座談会スペシャル2008(TBSラジオ、2008年12月25日(木)0:00配信スタート) »

エレ片のコント太郎(TBSラジオ、2008年12月10日(水)24:00-25:00)

◯エレ片のコント太郎(TBSラジオ、2008年12月10日(水)24:00-25:00)

この回は磯山さやかがゲスト。

JR車内の動画広告にいばらき大使として出演しているのをよく見かけるし、TBSラジオの野球関係の番組ではおなじみなので、私はわりと親近感を感じている。ラジオ慣れ・ヴァラエティー慣れしている感はあるものの、機転がきき、感じも良く、今更ながらラジオ向きな感じ。

TBS RADIO 954 kHz | エキサイトベースボール・マネージャーズ

モーニング娘。オーディション、ホリプロ・スカウトキャラバンなどなど、数かずのオーディションに落選してきたそうで、受賞歴ゼロを傷に思っているところが、「エレ片」のゲストにふさわしいとのこと。

最近は「水戸黄門」(TBSテレビ、月20:00-21:00)にで出演しているらしいというのは聞いていたが、茨城出身だというのがその理由のひとつと聞いて納得。

TBS「水戸黄門 第39部」

「逆なぞなぞ」のコーナーでは、リスナーから寄せられた「磯山さやか」が答になるなぞなぞを磯山さやかが答えつつトークが展開。大別して類型化するならば「プロフィール紹介系」「ネタ系」「妄想系」のなぞなぞという感じだった。

「逆なぞなぞ」的な、先に答えを決めてリスナーから問題の投稿を募るのはコーナーはありがちではあるが、短いサイクルでコンスタントに盛り上がるので、放送時間の短い番組にゲストを呼ぶ場合に向いていると思った。最初は敬語でエレ片に接していた磯山が、だんだんタメ口がちになっていく感じも良かった。

「このラジオのブースの中でタマキンがないのは誰?」という逆なぞなぞのとき、机の下を覗き込んだ(と思われる)エレキコミック谷井一郎に対する、磯山の「見るな、バカ」のトーンが、なんか良かった(聴いていた人は解るかも)。

アイドルをゲストに呼んでライトな下ネタでセクハラまがいの放送という深夜放送の王道といえば王道で、コレといったひねりがあったとは言えないが、通常放送のスタイルを維持しつちょっとしたお得感が上乗せされていて、いつも聴いているリスナーとしては下手なスペシャル・ウィーク・シフトよりもうれしい。

「ガールズトークレポート」のコーナーは、「逆なぞなぞ」と比べるといまひとつ。

Google

|

« ラジオのミニコミ紙(12):タコシェさんに追加納品してきました。 | トップページ | JUNK座談会スペシャル2008(TBSラジオ、2008年12月25日(木)0:00配信スタート) »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレ片のコント太郎(TBSラジオ、2008年12月10日(水)24:00-25:00):

« ラジオのミニコミ紙(12):タコシェさんに追加納品してきました。 | トップページ | JUNK座談会スペシャル2008(TBSラジオ、2008年12月25日(木)0:00配信スタート) »