« 『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!(仮) ひと口ラジオ』(せんだい泉エフエム放送株式会社、2008年) | トップページ | 輝く!僕のラジオ大賞 2008 »

月曜「DAYBREAK」(TOKYO FM、2008年12月29日(月)27:00-29:00)

月曜「DAYBREAK」(TOKYO FM、2008年12月29日(月)27:00-29:00)

AM派の私としては珍しく気に入っていたFMの番組、月曜「DAYBREAK」(TOKYO FM、月27:00-29:00)

DAYBREAK(TOKYO FM、2007年11月26日(月)、12月3日(月)27:00-29:00)(当ブログ内)

月曜「DAYBREAK」(TOKYO FM、月27:00-29:00)(当ブログ内)

DAYBREAK TOKYO FM
※月曜日から木曜日までの「DAYBREAK」でかかった全曲リストを作成している、daybreak-friendさんによる非公式ブログ。頭が下がります。

木崎義二と岩橋由起がのDJを務める放送は今日で最後となった。

TBSラジオの JUNK2 が改編によって24:00台に移って以来、私にとって平日の27:00時以降に聴く唯一の番組でもあった。

古い曲が多くかかるところが今どきの番組としては珍しく、気に入っていた。

中でもオーティス・レディングの曲がかかるとうれしかった。

私は特にオーティスの曲詳しいとか、ファンだとかいう訳ではないが、ラジオから聴こえてくるオーティスの声が何故か好きなのだ。なかでも、夜中にラジオを通して聴こえてくるオーティスの "Security" (1964) には、えも言われない味わいがあった。

ラジオを通すと歌の浸透圧は高くなるらしい。別にカッコつけて言っている訳ではない。本当に心にしみるのだ。"Security" は彼が23歳の時の曲だと知って、驚いている。

アシスタントの岩橋由起が何者かを確認するために、わざわざ浦和までコミュニティーFMの放送を聴きに行ったこともあったっけ:

Sabado Siesta(REDS WAVE:さいたま市浦和区周辺78.3MHz、2008年2月2日(土)12:00-13:55)(当ブログ内)

また、私たちが発行しているミニコミ紙『ラジオ中毒』で、私は、「深夜27時のアメリカン・ポップス講座」と題して、番組について言及もした:

ラジオのミニコミ紙を発行しております(13):Lilmag さんで『ラジオ中毒』をお求めいただけるようになりました。(当ブログ内)

思い過ごしかもしれないが、最近では時代を遡って洋楽を聴くという習慣が失われつつあるような気がしている。それどころか、洋楽を聴くという習慣をもつ人そのものが減ってきているかもしれない。

そういう状況で、木崎が番組内で語った「アメリカン・ポップスはつながっている」という言葉に触れて、ただ単に今心地よい音楽を反射的に右から左へと消費していくのではないリスニング・ライフ、そしてまた単なる懐古趣味でもないリスニング・ライフの奥深さを垣間見た。(「DAYBREAK」自体はけっこう懐古趣味的かもしれないけれども。)

また、私事を多く語らないにもかかわらず、木崎の人柄がじんわりと伝わる番組の雰囲気も、他では得難いものだった。ラジオ的な味わいの深い番組だった。

残念だ。

Google

|

« 『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!(仮) ひと口ラジオ』(せんだい泉エフエム放送株式会社、2008年) | トップページ | 輝く!僕のラジオ大賞 2008 »

FM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月曜「DAYBREAK」(TOKYO FM、2008年12月29日(月)27:00-29:00):

« 『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!(仮) ひと口ラジオ』(せんだい泉エフエム放送株式会社、2008年) | トップページ | 輝く!僕のラジオ大賞 2008 »