« BATTLE TALK RADIO アクセス(TBSラジオ、2008年8月1日(月)22:00-23:40) | トップページ | 週刊タケダ記者(仮)vol.21(2008年8月31日(日)-2008年9月6日(土)分 »

中川翔子のオールナイトニッポン・ビッグバンSP(ニッポン放送、2008年9月1日(月)25:00-27:00)

○「中川翔子のオールナイトニッポン・ビッグバンSP」(ニッポン放送、2008年9月1日(月)25:00-27:00)

先週は、なかなかブログを書く時間の余裕がなく、月曜の番組について今頃になってしまった。

普段月曜日の深夜は月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、月25:00-2:00)を聴いている。TalkMasterのタイマーをセットしているので、時間が来るとかってに始まるという感じ。

この日は、何となく別のラジオをいじっていたら、「中川翔子のオールナイトニッポン・ビッグバンSP」(ニッポン放送、2008年9月1日(月)25:00-27:00)が始まったので、何となく聴いてみようと思った。どうせ、「伊集院光 深夜の馬鹿力」は録音中だし、ということで。

番組冒頭は、中川翔子がニッポン放送のベランダかなにかから屋外の様子を実況。こういう感じは生っぽくておもしろいし、外からの放送は個人的には期待感が高まって好きだ。ベランダからホテルの窓の灯を見ながら、灯が消えたの消えないのと、窓のむこうの「貪欲な」夜について妄想トークが展開され、とても愉しい出だし。

スタジオにもどってからのひとりしゃべりも淀みなく、正直言って相当上手いのではないかという感想。この時点でニッポン放送にチューニングした人は最後まで聴いてしまうのではないか、「伊集院あやうし」とすら思った。

本編は、まずは「DoCoMo 東京リミックス族」(J-WAVE、土17:00-17:54)でもおなじみの天文ネタを、これまた「DoCoMo 東京リミックス族」でおなじみの国立天文台の渡部潤一准教授をゲストに迎えての話。面白かったけれども、オープニングの勢いは消えたかなという印象。でも、まだ充分聴ける内容。

ただ、天文ばなしが終わるとだんだんアニメの話がメインに。映画化されるアニメの出演者の声優をゲストに、アニメの話。「結局、アニメの宣伝か……」と、急に興が醒めて、このあたりで「深夜の馬鹿力」へ移行。

アニメに興味がないと、こういう番組は正直言ってキツい。大槻ケンヂがかつてアニラジについていみじくも言ったように、「知らないヤツらが内輪の話をしている」。輪の中の人たちにとっては面白かったのだろうけど。

「A&G超RADIO SHOW〜アニスパ!〜」(文化放送、土21:00-23:00)とか「桃井はるこの 超!モモーイ!」(文化放送、土28:00-29:00)とかは、いわゆるアニラジのなかでも「メタアニラジ」という感じがして、アニメに詳しくなくても面白く聴けるのだけれども。

「中川翔子のオールナイトニッポン」は、あくまでも私としては、オープニングあたりが良かっただけに残念。

Google

|

« BATTLE TALK RADIO アクセス(TBSラジオ、2008年8月1日(月)22:00-23:40) | トップページ | 週刊タケダ記者(仮)vol.21(2008年8月31日(日)-2008年9月6日(土)分 »

AM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

ニッポン放送」カテゴリの記事

コメント

アニメ映画の話については、
主題歌を歌っているのでその繋がりと、
個人的に好きな声優さんだから呼んだようでした。
映画(グレンラガン)の内容に関する話題は一切ありませんでした。時間も15分か20分ほど。


結局、番組のサブタイトル通り一貫して「宇宙」がテーマでしたよ。

終始しゃべりも淀みなく、
視聴者のメール紹介あり、電話も繋いだりと、
ちゃんとした(?)番組になっていました。


投稿: やんまぁ | 2008年9月 9日 (火) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中川翔子のオールナイトニッポン・ビッグバンSP(ニッポン放送、2008年9月1日(月)25:00-27:00):

« BATTLE TALK RADIO アクセス(TBSラジオ、2008年8月1日(月)22:00-23:40) | トップページ | 週刊タケダ記者(仮)vol.21(2008年8月31日(日)-2008年9月6日(土)分 »