« 一青窈のもそもそラヂオ(TOKYO FM、2007年7月29日(日)24:00-24:30) | トップページ | 小林信彦「本音を申せば」第469回、『週刊文春』2007年8月16・23日夏の特大号 »

誠のサイキック青年団(ABCラジオ、2007年7月29日(日)25:40-27:25)

○「誠のサイキック青年団」(ABCラジオ、2007年7月29日(日)25:40-27:25)

先週に引き続き、「誠のサイキック青年団」(ABCラジオ、日25:00-26:45)を聴くことにした。

○先週の「誠のサイキック青年団」受信レポート

しかし、日曜日は参院選だったのできっと放送時間がズレるだろうと踏んで、酔いどれ会社員さんのサイトの「誠のサイキック青年団・リスナー's BBS」をチェック。当初は「2:00から」との情報が出ていたので25:30ごろ出発。26:00チョッと前に土手に着いたらもう始まっていた。25:40からだったらしい(後で見ると、BBSの情報も訂正されていた、もうちょっと粘ってから出ればよかった)。

今回も荒川土手(東京都)に登って聴くことにしたのだが、先週みたいに終始歩きっぱなしでは疲れるし、行ったら同じ距離を歩いて帰らなければいけない。従って、このブログで発表した先週の受信レポートを元に、どこか一箇所でゆっくり聴くことにした。

先週「最も快適に聴こえたのはNIPPOコーポレーション足立合材工場そばから西新井橋にかけて」という結果が出たので、そのポイントに向かっていたが、途中でワリとクリアに聴こえる所があったので、面倒くさくなって「もうココでいい」と、その場所で聴くことにした。

今回の聴取ポイント 地図
26:50ごろの音声(10秒):ダウンロード 200707292650.mp3 (25.1K)

曇天だったが風が心地よく、気温も程ほどで、土手に寝転んでかなりリラックスして聴くことが出来た。途中で土手の下を自転車に乗った警官が通り過ぎたが、息を殺して土手の雑草になりきることでやり過ごすことが出来た。

今週は「文化系トークラジオ~Life」(TBSラジオ、毎月一回日曜深夜)が26:00-28:00までの放送であったため、「サイキック」の放送中にTBSラジオ(954kHz)の放送休止はなかった。従って混信が心配されたが、全く問題なかった。

TBSラジオの「文化系トークラジオ~Life」では参院選を受けてインテリ青年たちが口角泡を飛ばして政治の話をしていた。かたや「サイキック」では、いい歳のオッチャンたち3人(とりわけアニキ)がトランスフォーマーやガッキーのスクール水着の可能性について熱っぽく語っていた――ラジオは自由だ、と改めて感じた。

さて、実を言うと、土手に登る前にも家の近所でそこそこ聴こえるポイントを発見。しかし、深夜に街角に立ってイヤホンで何かを聴いている姿は、他人から見れば盗聴以外の何モノでもない。でもひょっとしたら、ループ・アンテナを使えば部屋からでも聴こえるかもしれないという気もしてきた。ちなみに、「誠のサイキック青年団・リスナー's BBS」の酔いどれ会社員さんも東京の方のようで、サイト内の「遠隔地でのサイキック聴取方法」によると、ミニ・コンポ付属のループ・アンテナで「東京でもまずまず聴こえます」とのこと。

買うと高いので自作してみようと計画している。実は2、3前に一度作ったことがあったが、10本組みビデオ・テープのダンボール箱をフレームにしていたので程なく崩壊し、導線が絡んでしまった。ネットで検索すると、角材を十字に組んでフレームにしている人が多いようだが、ちょっとしたアイディアがあるので自分なりに作ってみようと思っている。もし作ったらこのブログで報告するかもしれない。

Google

|

« 一青窈のもそもそラヂオ(TOKYO FM、2007年7月29日(日)24:00-24:30) | トップページ | 小林信彦「本音を申せば」第469回、『週刊文春』2007年8月16・23日夏の特大号 »

AM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誠のサイキック青年団(ABCラジオ、2007年7月29日(日)25:40-27:25):

« 一青窈のもそもそラヂオ(TOKYO FM、2007年7月29日(日)24:00-24:30) | トップページ | 小林信彦「本音を申せば」第469回、『週刊文春』2007年8月16・23日夏の特大号 »